tech.farend

技術メモ置き場

SHIRASAGIをインストールする手順(3)

SHIRASAGIをインストールする手順(2)の続きです。

ここからはSHIRASAGI公式サイトのインストール手順に従って進めます。

Packages

1
# yum -y install ImageMagick ImageMagick-devel  

MongoDB

ここでMongoDBをインストールします
※先にインストールすると既にあるものとぶつかり合ってしまいます

1
# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo  

以下を一番最後に追記する

1
2
3
4
5
[10gen]  
name=10gen Repository  
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/  
gpgcheck=0  
enabled=0  
1
# yum -y --enablerepo=10gen install mongo-10gen mongo-10gen-server  

(バージョン確認してみるとインストールできたことが分かります)

1
2
# mongo -version  
MongoDB shell version: 2.6.7  
1
2
3
# /sbin/service mongod start  
Starting mongod:                                           [  OK  ]  
# /sbin/chkconfig mongod on  

Ruby (RVM)

1
# \curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable  

警告が出ました

示してある通りにする

1
sudo gpg2 --keyserver hkp://keys.gnupg.net --recv-keys 409B6B1796C275462A1703113804BB82D39DC0E3  

再度行う

1
2
3
4
5
# \curl -sSL https://get.rvm.io | sudo bash -s stable  

# source /etc/profile  

# rvm install 2.1.2  

(rvmのバージョンを確認したい場合は)

1
2
# rvm -v  
rvm 1.26.9 (latest) by Wayne E. Seguin <wayneeseguin@gmail.com>, Michal Papis <mpapis@gmail.com> [https://rvm.io/]  

SHIRASAGI

1
2
# git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/shirasagi /var/www/shirasagi  
-bash: git: コマンドが見つかりません  

gitがないと言われたのでインストールします
参考:Gitのインストール

1
# yum install git  

最後に「完了しました!」と表示されたらOK

再度行う

1
2
3
4
5
6
# git clone -b stable --depth 1 https://github.com/shirasagi/shirasagi /var/www/shirasagi  
# cd /var/www/shirasagi  
# cp config/samples/* config/  
# bundle install  
# rake unicorn:start  
bundle exec unicorn_rails -c /var/www/shirasagi/config/unicorn.rb -E production -D  

http://localhost:3000/.mypage にアクセスしてください」と書いてある(インストール手順)

でも、今はVirtualBox上の仮想マシンなので
いつも通りブラウザではアクセスしても表示されません。

(ちなみに http://192.168.56.101:3000/.mypage/ にもアクセスできない)

ターミナル上でアクセスする

1
2
# curl http://localhost:3000/.mypage  
<html><body>You are being <a href="http://localhost:3000/.mypage/login">redirected</a>.</body></html>  

言われた通りに http://localhost:3000/.mypage/login へアクセスする

1
2
3
4
5
6
7
8
9
# curl http://localhost:3000/.mypage/login  
<!doctype html>  
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja">  
<head>  
.
.
.
</body>  
</html>  

ターミナルにhtmlが表示され、アクセスできた

こちらにもアクセスできます

1
# curl http://192.168.56.101:3000/.mypage/login  

ブラウザでアクセスできるようにします

1
# service iptables stop  

ブラウザを起動してアクセスする
http://192.168.56.101:3000/.mypage/login

画面が表示されました!

ふりがな機能

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
# cd /usr/local/src  
# wget http://mecab.googlecode.com/files/mecab-0.996.tar.gz \  
       http://mecab.googlecode.com/files/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz \  
       http://mecab.googlecode.com/files/mecab-ruby-0.996.tar.gz  

# cd /usr/local/src  
# tar xvzf mecab-0.996.tar.gz && cd mecab-0.996  
# ./configure --enable-utf8-only && make && make install  

# cd /usr/local/src  
# tar xvzf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz && cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801  
# ./configure --with-charset=utf8 && make && make install  

# cd /usr/local/src  
# tar xvzf mecab-ruby-0.996.tar.gz && cd mecab-ruby-0.996  
# ruby extconf.rb && make && make install  

# echo "/usr/local/lib" >> /etc/ld.so.conf  
# ldconfig  

問題なくできました。

データベース操作

インデックスの作成

1
2
# cd /var/www/shirasagi  
# rake db:create_indexes  

管理者ユーザーの作成

1
# rake ss:create_user data='{ name: "システム管理者", email: "sys@example.jp", password: "pass" }'  

サイトの作成

1
# rake ss:create_site data='{ name: "サイト名", host: "www", domains: "localhost:3000" }'  

サンプルデータ

ユーザー、グループデータの登録

1
# rake db:seed name=users site=www  

サイトデータの登録

1
# rake db:seed name=demo site=www  

ブラウザのログイン画面で入力してみる
Email:sys@example.jp
Password:pass

ログインできました!
これでSHIRASAGIのインストールは完了です。おつかれさまでした。