tech.farend

技術メモ置き場

clamscanとclamdscanの使用方法

参考:公式ドキュメント

clamscan

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
(0) 特定のファイルをスキャン:

       clamscan [ファイルパス]

(1) カレントディレクトリをスキャン:

       clamscan

(2) 特定のディレクトリを再帰的にスキャン:

       clamscan -r [ディレクトリパス]

(3) 特定のファイルからデータベースを読み込んでスキャン:

       clamscan -d /tmp/newclamdb -r /tmp

(4) パイプを利用してファイル内をスキャン:

       cat testfile | clamscan -
       
(5) homeディレクトリを再起的にスキャンし、感染しているファイルのみ出力し、指定ディレクトリに隔離:

       clamscan -i -r /home --move=[ディレクトリパス]
       
(6) ログファイルを指定して、/sysを除外してフルスキャン、冗長なメッセージを出力させない:

       clamscan -r / -l /var/log/clamscan.log --exclude-dir=/sys/ -i --quiet

clamdscan

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
(0) 特定のファイルをスキャン:

       clamdscan [ファイルパス]

(1) カレントディレクトリをスキャン:

       clamdscan

(2) 特定のディレクトリ内をスキャン:

       clamdscan [ディレクトリパス]

(3)他のユーザが実行しているclamdデーモンでスキャン :

       clamdscan --fdpass [ディレクトリパス]

(4) 標準入力からスキャン:

       clamdscan - <  [パス]

       cat [パス] | clamdscan -

clamdscanで再起的なスキャンを実行する

1
sudo ls -R [ディレクトリパス] | grep / | tr -d : | xargs clamdscan